コスメとしても大活躍!日本酒って美容効果がすごいんですよ!

お酒の成分で美容のサポートに役立つのはどれ?

ここ最近甘酒が美容と健康にいいということで、ちょっとしたブームを巻き起こしていますよね。美味しくアレンジした甘酒や、キャンディなどの加工食品まで出ているので、試したことのある人もいるのでは?甘酒ブームに隠れがちですが、以前から美容効果の高さで評価を挙げているのが日本酒です。化粧水やフェイスパックに日本酒を使ったものまで登場していますよね。一体日本酒のどこに美容に良い効果が隠されているのか、不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。日本酒の具体的な美容成分として挙げられることが多いのは、コウジ酸やフルーツ酸、それから各種アミノ酸などです。このうち、フルーツ酸は肌に残った古い角質を落とすピーリング石鹸などの成分としても有名です。くすんだ肌のトーンが明るくなり、ターンオーバーの周期を正常化させることができるので、ごわついた肌にしなやかさをもたらしてくれますよ。

麹菌の隠されていた力で美肌へ…!

日本酒は麹菌の助けを借りて製造されますが、この麹菌が作り出す成分が美肌作りにプラスの効果を与えていることが判明しました。まず麹菌が発酵の過程で作り出す、コウジ酸と呼ばれる物質です。この物質は、肌の老化を抑制するパワーを持っています。日本酒の旨み成分も麹菌が生成しますが、この成分にも水分の蒸発を防いだり、肌に潤いを与える効果があるんですよ。お酒の中に存在するアミノ酸にも、コラーゲンを作るのに欠かせないアルギニンなどが含まれているので、もちもちした肌にしたい人にもいいかもしれません。

品川美容外科の裁判について詳しく