手は意外と見られている?美しい手を手に入れよう。

手には年齢や生活感が出やすい

ある日ふと自分の手を見て、思った以上にガサガサだったり、老け感があったりしてびっくりするという経験をする人は少なくないようです。手は顔や髪と同じようにいつも外に出ているパーツなのに、手を手入れするという意識は相対的に低いのではないでしょうか。
顔や髪を十分にケアして美しさをキープしていても、ふと差し出された手が荒れていたり皺だらけだったりしたらすっかり興ざめというものです。しかし、日常生活の中で少し気をつけるだけで、若々しく美しい手を手に入れることは可能です。

美しい手のために、顔と同じように大切に扱おう

基本的には、顔と同じように扱うということです。
洗顔は通常朝夕の2回という人が多いと思いますが、手もできればそうしてあげるときれいな状態が保ちやすいわけです。でも、そんなこと無理ですよね。そこで、まず水に濡れる回数を減らすことを考えます。炊事や洗濯など水を使う家事の際には、ちょっとでも手袋を使用し濡らさないようにします。手洗いもできるだけ控えたいところですが、そうはいかないので洗ったあとはしっかりと拭き取ります。自然乾燥や温風乾燥は避けます。丁寧に拭いたらハンドクリームで保湿しますが、その前に化粧水もつけるとより効果的です。ハンドクリームは手の温度で少し温めてからやさしく塗ると浸透しやすくなります。
外出する際にも、顔同様に紫外線対策をします。日焼け止めを塗ったり、UVケアの手袋をはめたりするだけで大丈夫です。手袋は肌に刺激の少ない自然素材のものを選びます。
ほかにも、ハンドパックやマッサージなど自分でできるケア方法があるので、組み合わせて美しい手を目指しましょう。

品川美容外科の死亡まとめサイト